スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

その酒の名も知らずに

 どうやら春の旅のツケが、いま廻ってきたようだ。
 ツケといえば、クレジットカードの支払いというのも決して間違ってはいないのだが、ここで私が云いたいツケとは、それとまた別個の事柄である。
 喉元のたるみ。ぽんぽんについた浮輪―。
 そう、私は明らかに太った。
 ひたすらにツケを溜め込み続けて、あげくこのような有様になってしまった理由の心当たりは、察するに余りある。旅の行く先々で嗜んだ酒・アルコオル類の数々、これである。
 友人と行ったアメリカや四国、広島ではビイル、ひとりで訪れた京都、飛騨高山、名古屋、静岡、東京では主に酒と、そしてビイル、ときどきワイン。仲間と連れだっての楽しみや、先に大仕事を成した喜びに加えて、室に一升酒やウイスキイを備えるもともとの酒好きがたたって、ただの旅を、このような酒の旅へと昇華してしまったことだろうと、いまではそのように自己推測している。
 栄養的に、各地の地酒を飲みに飲んだひとり旅のパートが、とりわけよろしくなかったのではないだろうか。その楽しい時間が矢の如く過ぎ去って程なく、いまの自分の醜い姿を目の当たりにしてしまえば、多少は気不味い思いに陥らないこともないが、しかし、真に楽しく愛すべきあの日々に悔いはない。これは自分自身でも騙せないところである。
 あの旅の模様を思い出そうとすれば、げに各地の色々な酒を戴いたということはちゃんと憶えている。どの酒も美味しくて、気分も朗らかにいい夜ばかりを賜ったということも、まあ憶えている。
 だのに、肝腎であるそれらの酒の銘柄を憶えていない。各地ごとに楽しんだ酒の名前は、もう何一つ思い出せない。
 いやそもそも、この旅行に限らず、私は酒の名前を憶えようとする欲が普段から一切と云っていいほどにない。私は酒を飲むのが好きだが、店の人との話の流れから適当に頼んでみて飲んでみて、美味しかったらそれでもう満足する傾きがあるのである。自分の飲んだ酒の名前を一々記憶して、それぞれがどのような特徴であるかも同時に押さえている世間の酒通の人は、本当にすごいと思う。
 酒が好きかと聞かれたら、好きだと答える。しかし、それに次いで、会話の継ぎ足しとして、例えば「オススメのお酒を教えてください」などと尋ねられたら、以上のことから、私は相手の期待に応えることはできそうにないだろう。そうなれば、酒が好きという自身の発言はだいぶ相手にアヤしく認知されることだろう。
 それでいい。私は誰かにオススメの酒を教えるために酒を飲んでいるのではない。自分が飲んで、自分が味わい、自分が、いい夜だったと思いたいがために酒を飲むのである。そこに誰かが介入することは、まずない。
 そして私は今夜も思い出す。彼地で過ごしたいい夜のことを。名も知らぬ酒を飲んだ、あの美しい夜の一つ一つを。

2016-04-11 19:34 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ホーム  prev »

筆者紹介

シバケン

Author:シバケン
Base:秋田消滅可能性都市

趣味はお散歩、特技は悪だくみ

筆者近言

 新しいブログを始めました。頻繁な更新はできませんが、暇なときは気軽に遊びにきてください。

検索

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。